マンションを賃貸に出すときのポイント

定期借家契約を選択するのも一つの方法

マンション 賃貸に出す分譲マンションの管理・リロケーションのマンション専門プラザ

余程正当な理由がない限り、借主が更新拒否に同意してくれないと貸主が一方的に家を追い出すことなどできないのです。
いざ自分たちが住もうとしたときに、借主が出て行ってくれなければ自分たちの住むところが無くなってしまいます。
借主が借りている場合は家賃収入があるため、それを利用して他の賃貸物件に住みながら交渉を重ね、何とか穏便に解約を目指すことになりますが、労力が非常にかかってしまうので注意しておきましょう。
このような事態を避けるためには、定期借家契約を選択するのも一つの方法です。
2年間や3年間など、一定の期間だけ賃貸に出すという契約内容にしておけば、その期間が終われば契約は解除となり、自分たちが堂々とまた住めるようになります。
ただ、定期借家契約にするとかなり入居者が見つかりづらくなってしまいます。
せっかく入居してもすぐに出ていかなければならないとなると、入居者側としてもあまり積極的に住みたいとは考えません。
周辺の家賃相場よりかなり値引きしたり、少し問題のある入居者しか集まらないというリスクもあるので十分に検討してから実行しましょう。
また、人に貸し出すとなると、物件のリフォーム費用や入居者が入れ替わるごとのカギの交換、物件の管理メンテナンスなど付随するコストや仕事がかなり増えます。
自分で全てを賄うとなると難しい部分もあるので、実際には管理委託業者などと契約し、費用を支払って管理業務の実務を請け負ってもらうことになります。

売却するか賃貸に出すかそのまま持っておくか定期借家契約を選択するのも一つの方法様々な情報を詳しくチェックすること